2013年07月03日

Pink Mania の体当たりカスタム日記 その3

  トランクに付属しているドール用スツール(腰掛け)のカスタムです。
スツールは足など細くて弱い部分もあるので、失敗すると破損する危険が大exclamation×2 です。
キャッスル的にもこの部分のカスタムは推奨してはいない気がしますが、自分としてはカスタムしたい部分だったのでここにも手を加えました。
もし自分でもやろうと思っている方がいらっしゃいましたら、くれぐれも自己責任でお願いします。

pinkmania3-01.jpg

土台から座面のクッション部分を剥がします。
無理やり取ろうとすると足がポッキリなどの危険もあるので、くれぐれも無理はしないように。
しっかり接着されていましたが、それでも少しでも接着の隙間がありそうな部分から目打ちを軽く差し込み少しずつ慎重にはがしていき、半分ぐらいまで剥がしたら後は手で剥がします。
剥がしたクッション部分は厚紙にクッションを貼って布で包んでありましたが、この中に入っていた厚紙を型にし別の厚紙に形を写してクッション部分の芯を作ります。
この後同じようにクッション材や布を貼っていきますが、その前に一度スツール本体に合わせて形がちゃんと合っているか確認しておくのが良いと思います。わーい(嬉しい顔)

pinkmania3-02.jpg

今度は厚紙を型に中のクッションを切ります。
クッションは5ミリ厚のスポンジを使いました。(スポンジの正式な品名は忘れましたが、私はハンズで買いました。手芸店などにあるかはちょっと分からないです…あせあせ(飛び散る汗)
切ったら厚紙にクッションを貼り、大きめに切った布で包んでいきます。
のりしろ部分に切り込みを入れ、しわが出来ないように表も見つつ、引っ張り気味に少しずつ貼っていきます。
角の部分はのりしろの重なりが多くなるので、まっすぐ切り込みを入れるのではなくV字に切り落とした方が重なった時のもたつきが軽減できると思います。(上の写真は切り込みしか入ってませんが、この後V字に切り落としましたたらーっ(汗)

pinkmania3-03.jpg

さらに私はポンポンテープを付けたかったのでクッション側の方にポンポンテープを付けました。
椅子本体に付けるよりも、クッション側に付ける方がキレイに出来る…と個人的に思います。(本当はどっちが一般的か分かりませんがあせあせ(飛び散る汗)

pinkmania3-04.jpg

ぴかぴか(新しい)ピンク黒ハートぴかぴか(新しい)に塗装済みのスツール本体に、クッションを木工用ボンドで貼り付けます。

さて肝心の本体の内装ですが、私は全体的に布貼りにしました。
ハウスの時と同じく厚紙にまず布を貼り、それを木工用ボンドで本体に貼り付けています。

pinkmania3-05.jpg

ドールを固定するリボンは3本付けました。
全部色を変えているのがポイントです。

pinkmania3-06.jpg

↑この写真は逆サイドから撮れば分かりやすかったのですが、内側側面の布を貼ってボンドを乾燥させている所です。
押さえるのにクリップや洗濯バサミを使っているのですが、直接クリップなどで挟むと跡が付くので、フェルトを間に入れて挟んでいます。

pinkmania3-07.jpg

リボンは1本ずつしばっても、3本束ねてしばっても可愛いかな?と。

pinkmania3-08.jpg

この扉の水玉模様は筆でランダムに入れています。
最初の塗装の時はこの部分に模様を入れるか迷っていたので、組み立てて全体像を見てから物足りなかったので結局入れる事にしました。
ここまで来て模様入れで失敗すると泣くに泣けないので、水玉に使う色選びは慎重に…。ふらふら
別の木片に扉に使ったのと同じピンクを塗って、試してみてから本番にしました。手(グー)

pinkmania3-09.jpg

ドールに下げさせているトランクの鍵には「UVレジン(最近流行っているクラフト用の樹脂液)」で作ったチャームを付けました。
ベースは実は100円ショップで買った水玉模様の折り紙で、切った折り紙をUVレジンでコーティング、その上からさらに文字やラメでデコレーションして、左上のお城型チャームもレジンで貼り付けています。
トランクの初お披露目が5月2日の謝恩パーティーと聞いていたので、私からのお祝いのカードのつもりで作りました。ぴかぴか(新しい)

pinkmania3-10.jpg

細かい部分で書ききれない事もありましたが、これで私のカスタムは完成です。
少しでも「これからトランクのカスタムをしてみたい!」と思っている方の参考になれば嬉しいです。
貴重な機会を下さったキャッスルさんにも感謝です。
どうもありがとうございました! 
posted by Pink Mania at 17:00| 福島 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

Pink Mania の体当たりカスタム日記 その2

カスタムするにあたり、個人的に一番「ここは変えたいな!」と思ったのがティアラを乗せる台座部分です。

pinkmania2-01.jpg

(↑この写真は3月に札幌で開催された LC in 札幌 に展示されていたトランクを撮影した物です)
決してティアラが嫌いなわけではないのですが、やはりどうしてもティアラはお姫様ドレスなどのイメージになってしまうので、自分が想像しているトランクのイメージに仕上げるためにはこの部分をどうにかしないといけないなーとカスタムのお話を頂いた時からずっと考えていました。
まず取りつけられているティアラの台座を外すのは前提として、外した後の部分をどうするか、どうせなら斜めに傾いている部分を上手く活かしたい…といくつかの案を考えました。
ルームフラッグを飾ってみようか?等々考えていたのですが、トランク到着前にキャッスルさんからメールで送られてきたトランクの画像を見ていて、ふと「斜めの部分を屋根に見立てて下の戸棚と合わせたら家っぽく見えるんじゃないか?ひらめき」と思い、この部分をお人形にお人形遊びをさせるためのドールハウスにしちゃおうexclamation×2となりました。
子供部屋のイメージにもピッタリ。揺れるハート
あとはティアラ台を上手く本体から取り外せるか?という問題もあったのですが、これに関してはトランクが届いた時にビックリな、ある意味自分にとっては嬉しい誤算が…exclamation×2

pinkmania2-02.jpg

このトランクが試作品だったからか?展示で見た時に付いていたティアラ台はなく、合皮が一枚貼ってあるだけでした。
わりと簡単にはがせたので、あとは残った接着剤をキレイにして屋根っぽい色でペイント。

pinkmania2-03.jpg

下の戸棚部分と合わせると、なかなか家っぽく見えるではありませんか。(?)
戸棚の内側は布を貼って可愛くします。

pinkmania2-04.jpg

内側のサイズに合わせて切った厚紙に布を貼り、木工用ボンドでしっかりと接着。
貼り方は図書館でカルトナージュの本を借りてきて参考にしました。(まさかの付け焼刃!?)

pinkmania2-05.jpg

床にあたる部分はカーペットらしく見えるかな?と思いフェルトにしました。
同じくフェルトで作った窓も壁にペタリ。
チープなぐらいの見た目が子供のおもちゃっぽく見えていいかしら〜?と思ったんですが、ちょっと安っぽすぎましたかね…?あせあせ(飛び散る汗)
でもお人形を住まわせてあげるとハウスらしくは見えます。

pinkmania2-06.jpg

ミニチュア家具なんかも作れれば良かったんですが、残念ながら時間の都合で間に合わず…。
小さなハートクッションだけ手編みしました。
ハートクッション1個でも、少しはお人形遊びの雰囲気が出るような気が…!!
こうやってリカちゃんやジェニーにさらに小さいお人形で遊ばせてあげるというのは個人的に大好きなシチュエーションなので、もう少し手をかけたかった気持ちはあるものの実現させた事自体は嬉しいです。ハートたち(複数ハート)

続いては持ち手部分。

pinkmania2-07.jpg

元の持ち手の写真を撮り忘れてしまったのですが、あせあせ(飛び散る汗)チューブ状のゴムの中に金属製のプレートが芯として入っている構造でした。(両端にはネジを通す穴があり)
これは形状が同じならゴムの部分は他の物に代用が可能だな!ひらめきと、一先ず布で作ってみました。
しかし(予想はしていましたが)普通の厚さのコットン地で作って中に金属の芯を入れると、握った時に手に優しくない感触がします…。ふらふら
布に接着芯は貼っているのですが、その程度では何とも頼りない。あせあせ(飛び散る汗)
クッションになる物を中に仕込まないと…。

pinkmania2-08.jpg

とっさに思いついたのがフェルトで芯をくるんでしまう方法でした。
穴も開けやすいし、一番簡単な方法かな?と。
こうやってフェルトで包んで軽く縫い留めた金属芯を布の中に仕込んで持ち手にします。

pinkmania2-09.jpg

元の金具と合わせて付けてみました。
なんとか行けそうではありますが、正直もう少しいい案があればな〜と悔いの残る部分であります…。
これからカスタムに挑戦する皆さんにはもっといいアイディアを出して貰いたいです!
私が参考にしたいので…。(苦笑)

カスタム日記は次回にまだ続きます。
 
posted by Pink Mania at 17:00| 福島 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

Pink Mania の体当たりカスタム日記 その1

トランクブログを御覧になっている皆さま、初めまして。わーい(嬉しい顔)
「Pink Mania」という名前で活動している北海道は札幌在住のディーラーです。
無名ながらもキャッスルさんのドールトランクを展示用にカスタムする大役に大抜擢あせあせ(飛び散る汗)されてしまいまして、その四苦八苦しながらカスタムさせて頂いた苦労話(苦笑)をこちらのブログに書かせて頂く事になりました。
私のカスタム話は3回に渡りお送りする予定なので、お付き合いのほどよろチクお願いします〜黒ハート
ちなみにカスタムしたトランクは既に5月の謝恩パーティーなどのイベントで展示されたのでご覧になった方もいらっしゃるかとは思いますが、私は下の写真バッド(下向き矢印)のとってもカラフル〜ハートたち(複数ハート)なトランクを製作させて頂きました。

pinkmania1-01.jpg

海外の子供部屋などを載せたカラフルなインテリア本を見るのが大好きで、「トランクの中身を子供部屋に見立てたカスタムをしたーい!」と「レトロポップな子供部屋」というテーマでデザインを考えました。
お人形もピンクやブルーなどのカラフルヘアーのリカちゃんが大好きで、普段から自分のブログにカラフルなリカちゃんを載せているので、キャッスルさんから依頼が来た時も「ピンクさんらしくてんこもりでおねがいします」と言われたぐらいです。(笑)

しかし4月初旬にトランクが到着して1カ月弱でカスタム…というのが当初の話だったのですが、工場の遅れのために手元にトランクが届いたのが4月の21日で、そこから5月2日の謝恩パーティーに間に合わせるためには4月29日には発送しないと!(私の住まいが北海道で、福島までは宅急便で2日はかかるので…)ということで、本音を言うともう少してんこ盛りにしたかった部分はあるのですが、〆切の都合で断念した部分もあり…。もうやだ〜(悲しい顔)
でもそれは他のカスタムをした作家さん達も同じ条件なので仕方がないですね。たらーっ(汗)
そんなこんなはありましたが、皆さんの興味があるのはその話ではないと思いますし、(ブログを書ける)回も限られるのでサクッとカスタム話に参りましょう。(苦笑)

pinkmania1-02.jpg

デフォルトの真っ白なドールトランクです。
ペンキ塗りのプロではないので技術に関しては我ながら自信がないんですけど、どうしてもカラフルにしたかったので体当たりでペンキ塗りに挑戦しました!
カラフルにする上で気を付けたのは、色合わせです。
名前の通り、ピンクがとにかく大好きハートたち(複数ハート)なのでメインカラーはピンクで決まりだったのですが、ピンクと一口に言っても薄いピンクやら青みがかったピンクやら色々ある訳で…。
自分の好みにピッタリ合ったピンクとそれに合わせた他の色を探すため、カスタム前にまずはペンキのカラーサンプルを沢山取り寄せて色選びから始めました。

pinkmania1-10.jpg

私のようにペンキ塗装メインのカスタムにするなら、色選びで大部分が決まってしまうと思います。
私も「これだ!」と言うピンクを探してピンクだけでサンプルを10色頼んだのですが、結局のところ単品で好みのピンクに塗れるピンクのペンキが見つからず、最終的には2色のピンクのペンキを自分で混ぜて好みの色にする事にしました。

pinkmania1-03.jpg

塗るにあたって、まずは解体しちゃいます。
ネジなどは無くさないように元々付いていた場所ごとに分けて、付いていた場所を書いたメモ(ドレッサー扉の蝶番…など)と一緒にジップ付き小分け袋に入れて保管します。

解体したらペンキを塗る部分をやすりがけします。
既に塗装された物にペンキを塗る場合は表面をサンドペーパーで荒した方がペンキの食い付きが良いそうです。

pinkmania1-04.jpg

引き出しの内側底面は布貼りされているのですが、この部分がやすりがけした時に出る屑で汚れないように切ったビニールとマスキングテープで保護します。
…実は準備しないで始めて若干汚してしまったので、後から慌ててカバーしました。あせあせ(飛び散る汗)(素人っぷり炸裂!)

pinkmania1-08.jpg

手も汚れるので、その手で触って痕が付いちゃったりとか…。たらーっ(汗)
汚したくない部分はきちんと保護しましょう。

pinkmania1-05.jpg

次はペンキ塗りです。
今度はペンキを付けたくない部分をマスキングテープで保護します。
こういう金具部分のテープはしっかりと擦りつける用に貼りましょう。
マスキングが甘いと後で泣きを見ます。あせあせ(飛び散る汗)

pinkmania1-06.jpg

マスキングが甘かった例です…。もうやだ〜(悲しい顔)
マスキングテープを貼って安心してペンキを塗ったつもりが、貼り方が甘かったので隙間からペンキが入り込んでしまいました。
こうなると私みたいな素人には修正が難しいと思うので、皆さんは気を付けましょう。ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

pinkmania1-07.jpg

逆に地の色を残したくないのにマスキングの時に隠れてしまった小さい部分は、後から筆でチョイチョイっと色を付けます。

pinkmania1-09.jpg

どうにかこうにかペンキ塗りは終了した所です。
ここまででも既に素人っぷり炸裂していますが、個人的意見として他人の失敗話は有益な情報になると思っているので、そういう意味では私が体当たりでカスタムして反省部分を書くのもこれからカスタムに挑戦したい方の参考になるかな〜?と反省ポイントも正直に書かせて頂こうと思います。
あと2回もよろしくお願いします。
posted by Pink Mania at 17:00| 福島 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。